4.1 プロジェクト憲章の作成

SE

 

プロジェクト前作業としてニーズ評価をして、ビジネスケースベネフィットマネジメント計画書を作成します。
それらをビジネス文書と呼んで、
そのほか、合意書(契約書)組織体の環境要因組織のプロセス資産をインプットとします。

組織体の環境要因というのは、制限、制約のようなもの。アウトプットにはなりえません。

  • 会社の方針、規約
  • 社内リソースの制限
  • 資材や開発機器の制限など
  • 法的規制
  • 社会的な問題など

組織のプロセス資産というのは、お作法や知見などをさします。アウトプットにもなりえます

  • 過去のプロジェクトの資産
  • 品質指標などの社内標準など

組織体の環境要因組織のプロセス資産は統合マネジメントで終結フェーズ以外すべてにインプットとなります。
会社人としてのプロジェクトマネージャであることが前提にありますね。

プロジェクト開始すると
プロジェクトの存在を正式に認可し、組織の資源をプロジェクト活動のために使用する権限をプロジェクトマネージャーに与えるために
プロジェクトスポンサーがプロジェクト憲章を発行します。

このプロジェクト憲章をもとに組織化と準備にあたっては
プロジェクトを実行、監視、およびコントロールする方法を記述した
プロジェクトマネジメント計画書を作成します。

作業の実行し プロジェクト終了させるというフェーズの流れが、プロジェクト・ライフサイクルとよびます。

タイトルとURLをコピーしました